TOYOTA
日本最大の自動車メーカーで、ダイハツや日野自動車などのグループ企業を含めた生産台数では、世界でもGMに次いでフォードと2位争いをするような位置付けにある。グループ内にダイハツがあるため、トヨタ本体では軽自動車を生産していないが、リッターカーのヴィッツからV型12気筒エンジンを搭載したセンチュリーまで、文字通りのフルラインメーカーだ。
世界に先駆けてハイブリッド乗用車のプリウスを発売するなど、環境問題への対応姿勢は実に積極的なもの。これによって企業イメージを大きく向上させることにも成功している。GOAボディやVSCを早くから採用するなど、クルマの安全性に関しても各社をリードする存在である。
HONDA
二輪車メーカーから発展してきた乗用車メーカーで、ライフからレジェンドまで排気量の幅は広いものの、商用車をほとんどラインナップしない展開をする。国内はもろろん、海外市場を見ても、タクシー仕様車をほとんど販売していない。このあたりもブランドイメージにこだわった戦略といえる。F1への参戦に代表されるスポーツイメージがホンダの特徴だが、ここ数年はオデッセイのヒットに象徴されるように、国内ではミニバン系の車種を得意とするメーカーになった。2002年にはコンパクトカーのフィットが大ヒットして販売台数を伸ばしたが、2003年にはその反動も出た。国内で安定した販売を続けるにはまだ課題も残る。
NISSAN
日産はトヨタに次ぐ国内2位の自動車メーカーだが、軽自動車を含めた台数ではホンダと2位争いを繰り広げている。経営危機に陥ったときにルノーから出資を仰いでおり、現在は外資系メーカーとなった。日産ではマーチからプレジデントまでの幅広いモデルを生産しており、乗用車に関してはフルラインメーカーとなる。日産自身が生産していない軽自動車についても、スズキや三菱からOEM供給を受けることで、販売ラインナップの中に加えている。超−低排出ガス仕様車を最初に発売したほか、車線維持+車間距離制御のオートドライブを採用するなど、環境や安全への取り組みについてもトヨタやホンダに比べて遜色のないメーカーだ。
MAZDA
広島に本拠地を置き、日本のメーカーの中では早くからフォードの出資を受け入れて外資系メーカーになっている。ロードスターがギネスブックに乗る70万台の販売実績を残すなど、スポーツカーの生産で定評を得ている。セダン系のモデルについてもスポーティな味付けがなされているのが特徴だ。また、世界中のどのメーカ−も生産していないロータリーエンジンの実用化に唯一成功するなど、技術的なアドバンテージを持ったメーカーでもある。ロータリーエンジンは軽量・低重心などスポーツカー向きの特性を備えるほか、水素との相性がよいために環境エンジンとしての可能性も秘めている。次のロータリー車に期待したいところ。
MITSUBISHI
大正時代に三菱A型を生産するなど、三菱重工業以来の長い歴史を持つ自動車メーカー。バブル崩壊後の経営不振のために、ダイムラー・クライスラーから出資を受け、社長をはじめとする役員の派遣を受け入れるなどしたことは記憶に新しい。ダイムラー流のチェックゲートを採用することなどにより、商品の品質向上を図っている。数年前までは軽自動車から大型トラックまでを生産する最も幅広い商品ラインナップを持つメーカーだったが、現在では大型トラックの三菱ふそうを分離しており、乗用車専業メーカーにとなった。ここ1〜2年は新型車の投入が少なく、販売台数も伸び悩み状態にあるため、市場に受け入れられる新型車の投入が待たれるところ。
SUBARU
世界的には航空機メーカーをルーツとする自動車メーカーはたくさんあるが、日本ではスバルが中島飛行機の系譜を受け継ぐメーカー。従来は日産と近しい関係にある自動車メーカーだったが、現在では日産色が薄れてGM系列のメーカーになっている。かつて、スバル360という個性的な軽自動車をヒットさせたことからもわかるように、ほかのメーカーにはない特徴のあるクルマ作りがスバルの真骨頂。ステーションワゴンのレガシィをヒットさせたことや、高い操縦安定性を発揮する独自のAWD技術を全車種に展開することなどが特徴である。インプレッサがWRCラリーで3連覇を果たした歴史を持つなど、モータースポーツの面においても極めて高い実力を持つ。
DAIHATSU
本拠地を大阪に置くトヨタ系の自動車メーカー。基本的には軽自動車の専業メーカーだが、トヨタと共同開発したコンパクトカーなどもラインナップする。トヨタとの間ではいくつかの車種を相互にOEM供給している。軽自動車では、意欲的なモデルを次々に投入。主力車種のムーヴやミラは新規格になって2世代目のモデルでプラットホームを一新し、カーtoカーの衝突実験を繰り返して高いレベルの安全性能を実現している。ほかにも電動開閉式のルーフを持つオープンスポーツのコペンや圧倒的な室内空間を持つタントをラインナップするなど、バラエティに富む車種を投入して充実した品揃えを見せている。
SUZUKI
バイクと軽自動車を中心としたクルマを生産するメーカー。本拠地は静岡県浜松市にある。軽自動車については30年以上にわたってナンバー1の座を維持しており、充実した商品ラインナップや全国津々浦々をネットするきめ細かい販売網など、ほかのメーカーにはない強味を持っている。かつて、商用車の税制に着目して経済性の高いアルトを発売したり、あるいは独自のパッケージングを持つワゴンRを大ヒットさせるなど、意表をついたクルマ作りで驚かせるのも得意だ。徹底したコスト削減策を実施したクルマ作りをすることでも定評がある。元々は独立系のメーカーだったが、現在ではGMの出資を受け入れて、外資系のメーカーになっている。


北海道

 都道府県一覧から地図を検索。

青森
沖縄
秋田
岩手
山形
宮城
石川
新潟
福島
島根
鳥取
福井
富山
長野
群馬
栃木
茨城
山口
広島
岡山
兵庫
京都
滋賀
岐阜
山梨
埼玉
佐賀
福岡
大阪
奈良
愛知
静岡
神奈川
東京
千葉
長崎
大分
愛媛
香川
和歌山
三重
熊本
宮崎
高知
徳島
鹿児島

北海道・東北 [ 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 ]
関東 [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 ]
信越・北陸[ 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井 ]
近畿・東海 [ 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 | 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]
中国・四国 [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]
九州・沖縄 [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄 ]


日常点検 洗車の基本
エンジンオイルの種類 洗車方法の基本
エンジンオイルの交換 磨きと困った汚れ
AT フルード ワックスとコーティング
カーバッテリーの種類  
カーバッテリーの交換    
タイヤ    
       
車の構造    
エンジンの基礎知識    
燃費について    
車の形状    
エンジンの働き    
 
マツダ アテンザ
トヨタ パッソ
トヨタ ポルテ
全国ドライブ情報
車磨きのコツ
自動車情報
日本車
外車
商用車
メンテナンス
車の構造
日常点検
洗車の基本
ドライブ情報
北海道東北
関東
信越北陸
東海近畿
中国四国
九州沖縄
車に関する法律
自動車の税金(国税)
自動車の税金(地方税)
法律関連サイト
生産終了モデル
車検1年以上
低公害車
ワンオーナーカー
  所有車の価値チェック!
/80社≪無料≫ 査定/
  車種の最新価格お知らせ
/新車見積もり/
  一括見積最適な保険調査
/自動車保険一括見積り/
  海外旅行に役立つ情報
/成田空港駐車場/
Car-Market / 運営会社 / 利用規約
   
Copyright 2004 car-market.jp. All Rights Reserved. 
 
お問い合わせ:メール 
  • 詐欺の法律に関する情報
  • 相続時精算課税制度の法律に関する情報
  • 相続税申告の法律に関する情報
  • 遺言の法律に関する情報
  • 悪徳商法問題の法律に関する情報
  • 離婚手続・離婚届の法律に関する情報
  • 有限会社設立の法律に関する情報
  • エルメス (HERMES)の新作・海外・中古車情報
  • プラダ (PRADA)の新作・海外・中古車情報
  • ルイヴィトン (LOUIS VUITTON)の新作・海外・中古車情報
  • ラルフローレン (Ralph Lauren)の新作・海外・中古車情報
  • ダンヒル (DUNHILL)の新作・海外・中古車情報
  • シャネル (CHANEL)の新作・海外・中古車情報
  • carmarke