リンカーン(LINCOLN) 特集
リンカーン(LINCOLN) コンチネンタル
世界でも指折りの美しさをもつセダンとして高い評価を得た。搭載エンジンは4.6LのV8となったが、あくまでも実用性と静粛性に重きをおいたチューニングで、V8という名前の響きから想像されるような過激さとは無縁。滑らかで上質、そして極めて静かな走行性がコンチネンタルの魅力だ。1999(H11)年からはガス入りショックアブソーバーを4輪に装備。ますますフワフワと心地よい、いかにもアメリカンな乗り味になった

リンカーン(LINCOLN) LS
スタイリングはそれまでのリンカーンのイメージとはおよそかけ離れたもので、フォードはこのスタイルでヨーロッパ市場への意欲を示したのだった。事実、このデザイナーはアメリカとヨーロッパの融合をテーマにしたという。駆動方式は当然ながらSタイプと同じくFR(後輪駆動)で、搭載されるエンジンも同様3LのV6と3.9LのV8の2種類が用意されていた。

リンカーン(LINOLN) タウンカー
1998(H10)年のフルモデルチェンジでタウンカーはそれまでのカクカクとした古き良きアメリカンスタイルを捨て、1990年代後半のフォードテイストである丸みを帯びた大胆なスタイリングへと変身した。ビッグサイズであることは相変わらずで、全長は5.5mを超えるし、全幅は2m、ホイールベースは3mに限りなく近い。日本での使用は、エグゼクティブの送迎といった特殊な利用方法以外、現実的でない。古典的なFR(後輪駆動)スタイルを採用しているのも特徴。エンジンは当然ながらV8で4.6Lとなる。



リンカーン(LINCOLN)以外のおすすめ車種

リンカーン(LINCOLN)の車種一覧 
       

リンカーン(LINCOLN)の詳細情報

 トヨタ
 ニッサン
 ホンダ
 マツダ
 ミツビシ
 スバル
 ダイハツ
 いすず
 スズキ
シボレー
クライスラー
フォード
キャデラック
リンカーン
 
プジョー
シトロエン
ルノー
アルファロメオ
フェラーリ
フィアット
マセラティ
 
ジャガー
ロータス
ローバー
ベントレー
ランドローバー
ビーエム ダブリュー
ベンツ
フォルクスワーゲン
ポルシェ
アウディ
オペル
エーエムジー
スマート
ボルボ
 
 
マツダ アテンザ
トヨタ パッソ
トヨタ ポルテ
全国ドライブ情報
車磨きのコツ
自動車情報
日本車
外車
商用車
メンテナンス
車の構造
日常点検
洗車の基本
ドライブ情報
北海道東北
関東
信越北陸
東海近畿
中国四国
九州沖縄
車に関する法律
自動車の税金(国税)
自動車の税金(地方税)
法律関連サイト
生産終了モデル
車検1年以上
低公害車
ワンオーナーカー
  所有車の価値チェック!
/80社≪無料≫ 査定/
  車種の最新価格お知らせ
/新車見積もり/
  一括見積最適な保険調査
/自動車保険一括見積り/
  海外旅行に役立つ情報
/成田空港駐車場/
   
Car-Market / 運営会社 / 利用規約
   
Copyright 2004 car-market.jp. All Rights Reserved. 
 
お問い合わせ:メール 


lincoln
  • NPO法の法律に関する情報
  • 会社設立の法律に関する情報
  • 債務整理の法律に関する情報
  • NPO法人の法律に関する情報
  • 破産宣告の法律に関する情報
  • 相続税法の法律に関する情報
  • 離婚問題・離婚相談の法律に関する情報
  • 株式会社設立の法律に関する情報
  • エルメス (HERMES)の新作・海外・中古車情報
  • プラダ (PRADA)の新作・海外・中古車情報
  • ルイヴィトン (LOUIS VUITTON)の新作・海外・中古車情報
  • ラルフローレン (Ralph Lauren)の新作・海外・中古車情報
  • ダンヒル (DUNHILL)の新作・海外・中古車情報
  • シャネル (CHANEL)の新作・海外・中古車情報