車磨きの基本


車 磨きの方法

洗車方法の基本><磨きと困った汚れ>< ワックスとコーティング


スクラッチ傷の除去
間違えた洗車・磨きを繰り返しているとヘアラインスクラッチという円形の細かい傷が 、ボディーに光があたったときに見える。洗車機や洗車用のスポンジにごみが詰まっているときなどによくヘアラインスクラッチが発生する。完全にヘアラインスクラッチを取り除くのは不可能だ。なるべくヘアラインスクラッチができないような方法で、洗車をしていく必要がある。傷の取り方として、洗車後に、ウエスにボディークリーナーをとり、ヘアラインスクラッチのある場所を磨いていく、円形に拭くのではなく、直線的に往復させて磨いていく。磨き終わったらワックスやコーティング剤をかける。

円形のヘアラインスクラッチの様子

 

ステッカーを剥がす
ステッカーをはがすとき粘着剤が残ってしまい苦労したことは車にかぎたことはではない。なるべく慎重にはがす段階から気を付けていかなくてはいけない少しでもうまくいかなそうだったら、ドライヤーで温めながらはがしてみたり、市販されているステッカー剥がしを使ってみたほうがいい。市販されているステッカー剥がしはそれぞれ注意事項が異なるので、よく説明書を読んでから取り掛かった方がよい。スッテカー剥がしの使用後は使用箇所の保護剤が落ちているので必ずワックスないしコーティングなどの保護剤を付けておいた方がいい。

 

鳥の糞
鳥フン(虫の死骸も同様)は多糖分(高分子)のべたつきと強いアルカリ性の固まり多糖分は太陽で熱っせられ冷えるとカチンカチン、強いアルカリは温度が上がると塗装面を腐食させていきます。
特に、真夏は想像を絶する早さ一度は経験したことがある、駐車中の鳥糞攻撃。多くの人が安易に考えているが、この鳥の糞は車の塗装にとって大きなダメージを与えるので注意したい。鳥の糞はアルカリ性であり放って置くとボディーを侵食していき塗装を溶かしてしまう、鳥の糞はなるべく早く除去することをお奨めする。レアなやつはウェットティッシュなどでふき取る。乾物はウェットティッシュをかぶせて、上から家庭用の中性洗剤を水で、薄めたものを少したらして、乾物を十分ふやかしてから綺麗にふき取る。

鳥の糞は、すぐにとらないと後で厄介






車 磨きの知識

 

ピッチタールの除去
舗装したての道を走ると、黒いタールが車に付くことがある。この汚れを除去するには、専用のクリーナがある。この専用のクリーナを塗布すると油汚れが浮き出るので、綺麗な布でふき取る。終わったら、底の部分を水洗いして、ワックスをかけるのがベスト。また硬化したタールはセラミック粘土にて落とせることもあるので試してから、ピッチタール専用クリーナーを買った方がいい。

 

鉄粉の除去
鉄道の路線や工事現場、工場から飛来する金属の粉ブレーキダストの中にも含まれ、幹線道路からも飛来する。大気中の鉄粉が車のボディの上に着地ボディの凹凸が大きい車だと鉄粉はひっかっかりやすい。酸性雨+紫外線で酸化され、ボディにのめり込み定着する。悪化するにつれて、いろんな汚れが積もりやすく落としにくくなるそうなると、通常の洗車では鉄粉除去はできないので、洗車した後、塗装の表面が乾かないうちに鉄粉除去剤をスプレーし、鉄粉が変色後、2〜5分待って水をたっぷり含んだ布で鉄粉を塗装面をなで拭きして除去する。ひどい場合は繰り返し行い、またひどいときはケミカル粘土で吸着除去する。鉄粉がついているかは、タバコやお菓子箱を包んでいるのビニール(セロハン)の中に指を入れてボディをなでるとザラザラ感がよく伝わってくるので、確認する。ケミカル粘土の使い方は、ボディーをキレイに洗車した後、水滴が残った状態でボディーにねんどを軽く押さえつけ、ねんどをすべらせる。ケミカル粘土を使うと塗装を傷つけることなく塗装表面に突き刺さった異物(鉄粉など)を取り除くことができる。

鉄粉は定期的に落とそう

 

ペイント剤の除去
現在メーカ工場での塗装技術はかなり高度になっている。もし、いたずらなどで、車にペンキなどの塗料をつけられてしまった場合補修塗装 を依頼しても、メーカ工場でのクオリティーは維持できないばかりか、補修塗装での修理期間とコストが大分 かかってしまうだろう。もしこのような状態なってしまったときは、ボディーに付着したペンキを科学的に除去する方法がオススメだ。本当にひどいいたずらでペンキをかけられてしまった、スプレーで絵を描かれたとかは、極端かもしれないが、工事現場とかでついてしまった噴霧ペンキなど、後で点状のシミになって、ザラザラするこのようなケースでは、セラミック粘土で、除去することが可能である。これもシミの量が少量であったときに限る。もし冗談抜きでペンキをかっぶってしまった場合セラミック粘土では膨大な時間がかかってしまいやらない方がいい。この場合はミストクリーンやシリコンオフというシンナー系の溶剤を使うのをお奨めする。ミストクリーンはかなりひどいペイントの付着でも簡単に落とすことが可能だ。塗装面を痛めはしないが、脱脂をするので、ワックス掛けやコーティングで塗装面の保護をしなくてはいけない。また、ナンバープレートの塗料はまたボディーと異なるので、ミストクリーン・シリコンオフは使わないように注意したい。 脱脂能力は強力な部類で、再塗装部や、劣化した塗料には見えずらい部分でテストを必ず行うこと。OKならミストクリーン・シリコンオフをネルウエスに大量につけて、軽くこする。汚れが落ちたら洗浄部分を良く洗い落とし、ワックスかコーティング剤を塗っておくこと。

 

 



日常点検 洗車の基本
エンジンオイルの種類 洗車方法の基本
エンジンオイルの交換 磨きと困った汚れ
AT フルード ワックスとコーティング
カーバッテリーの種類  
カーバッテリーの交換    
タイヤ    
       
車の構造    
エンジンの基礎知識    
燃費について    
車の形状    
エンジンの働き    
 

マツダ アテンザ
トヨタ パッソ
トヨタ ポルテ
全国ドライブ情報
車磨きのコツ
自動車情報
日本車
外車
商用車
メンテナンス
車の構造
日常点検
洗車の基本
ドライブ情報
北海道東北
関東
信越北陸
東海近畿
中国四国
九州沖縄
車に関する法律
自動車の税金(国税)
自動車の税金(地方税)
法律関連サイト
生産終了モデル
車検1年以上
低公害車
ワンオーナーカー
  所有車の価値チェック!
/80社≪無料≫ 査定/
  車種の最新価格お知らせ
/新車見積もり/
  一括見積最適な保険調査
/自動車保険一括見積り/
  海外旅行に役立つ情報
/成田空港駐車場/
   
Car-Market / 運営会社 / 利用規約
   
Copyright 2004 car-market.jp. All Rights Reserved. 
 
お問い合わせ:メール