定期洗車の手順


洗車の方法

洗車方法の基本><磨きと困った汚れ>< ワックスとコーティング


洗車の準備
はじめに洗車はなるべくなら炎天下の昼とかより日が落ちるくらいの夕方に作業した方がいい、というのは直射日光が当たる場所での洗車は水滴がレンズ効果をなし、ボディーにウォータスポットというシミを形成することがあるからだ、もちろん雨に降られた後とかもウォータスポットを気にした方がいいこともたしかで、なるべくなら雨に降られた後に洗車したほうがいい。また、夏の炎天下の中での洗車について、ボディーは乾かさないようにする工夫が必要だ。洗車中に泡だらけなのに乾いてきてしまうとせっかく洗車しているのに逆効果でボディーを傷めてしまうので注意する。霧吹きみたいなので常に保湿しながら作業した方がいい。結論として、洗車に最適な環境は日の光が弱まった夕方で、チリとかが少ない風のない日がいい。また自宅にいろいろな洗車設備がない人は、コイン洗車場を利用するのもひとつの手である、洗車の作業は水圧で車の表面に付着した大まかな汚れなどをまず落とす作業からはじめる。できればコイン洗車場の圧水機(シャワーの超強力バージョン) を使いたい、最近のコイン洗車場は設備も揃ってきているし、作業効率を上げるためにいろいろな工夫がなされている。できれば、近くでいろいろな設備が整っているコイン洗車場を見つけておくといい。又洗車は月に一回くらいのペースで、行っていきたい。最低限の洗車グッズは、用意していないとせっかく洗車しても逆効果になってしまう。かえって洗車しないほうがいいということにもなるので、自分の車に合った洗車グッズを揃えておくべきだ。

一度ついたウォータースポットは厄介だ。
洗車用品は車に合ったものを揃えよう
紫外線の影響は車のボディーにも


洗車の手順


 

始めは底の部分から
準備で述べたような状況が整ったら、洗車を始める。まず洗車場についてからはじめたいのは、車の底部の洗浄から特に車の中で汚れがひどいのはタイヤ・ホイール・マフラーなど車の下側の部分である。この部分はボディーと別のブラシを用意してはじめに洗ってしまいたい。この作業が終わったら、ようやく高圧の圧水機の登場である。車の上面から洗いながしていくのだが、ノズルはボディーに対して鋭角になるように行うとよい。結構威力があるので他のお客さんに水がかからないように十分注意すること。

タイヤ・ホイルなどの底の部分から
高圧洗浄機は便利
ボディーに付着したゴミを吹き飛ばそう

 


カーシャンプー
はよく泡立てて
高圧水流で主なホコリを吹き飛ばしたら、バケツにしカーシャンプーをよく泡立てて、クリーミーなカーシャンプで車の天井から洗っていく、スポンジを絞ることで泡が出るので、泡の上を滑らす感じでスポンジで、ゴシゴシこすり洗ってはいけないやさしく汚れを上から下へ流し落とすような感じで洗っていく。

バケツにで泡立てながら溶液を作る
泡立てのためにボディーの上でスポンジを絞る
円弧に擦らない縦か横へ一方向に滑らす

洗車の詳細情報

 

拭取りは肝心
車のシャンプー洗い終わったら、洗剤が付いている部分が乾かないように水をかけながら流していく、洗剤がついている状態で乾いてしまうとウォータスポットなどの原因になってしまうので注意したい。すすぎ作業が完了したらセーム布など吸水性の高いもので、ボディーが乾燥する前にふき取っていく。これで基本的な洗車の作業はおしまい。この後に水垢除去・鉄粉除去ペイント除去などがある。

タオルは駄目、傷の原因にセーム布を使おう

 

 




日常点検 洗車の基本
エンジンオイルの種類 洗車方法の基本
エンジンオイルの交換 磨きと困った汚れ
AT フルード ワックスとコーティング
カーバッテリーの種類  
カーバッテリーの交換    
タイヤ    
       
車の構造    
エンジンの基礎知識    
燃費について    
車の形状    
エンジンの働き    
 
マツダ アテンザ
トヨタ パッソ
トヨタ ポルテ
全国ドライブ情報
車磨きのコツ
自動車情報
日本車
外車
商用車
メンテナンス
車の構造
日常点検
洗車の基本
ドライブ情報
北海道東北
関東
信越北陸
東海近畿
中国四国
九州沖縄
車に関する法律
自動車の税金(国税)
自動車の税金(地方税)
法律関連サイト
生産終了モデル
車検1年以上
低公害車
ワンオーナーカー
  所有車の価値チェック!
/80社≪無料≫ 査定/
  車種の最新価格お知らせ
/新車見積もり/
  一括見積最適な保険調査
/自動車保険一括見積り/
  海外旅行に役立つ情報
/成田空港駐車場/
   
Car-Market / 運営会社 / 利用規約
   
Copyright 2004 car-market.jp. All Rights Reserved. 
 
お問い合わせ:メール