ワックスとコーティング

洗車方法の基本><磨きと困った汚れ>< ワックスとコーティング


普通のワックスとコーティング剤の違いは?
ワックスは「天然系」と「ケミカル系」に、コーティング剤は「樹脂系」と「イオン系」に別れると思います。仕上がり方が違うだけで、基本的な目的は同じです。(厳密にいえば、ワックスとは本来、ヤシから採れる「天然カルナバ蝋」100%のものだけ。これに対し、コーティング剤とは、フッ素系、シリコン系、チタン系などと呼ばれる、いわゆるポリマーがその正体です。いわば、基本成分の違いによる分類になっており、被膜と塗装面の結合方法などに違いはあるものの、どちらも塗装面を保護する被膜を作っていることに変わりはありません。まず、「ワックス」ですが、車の「輝き」「艶」「色合い」「仕上がりの美しさ」に関しては、やはり「天然系」のワックスが良いような気がします。
  一般に、ワックスは寿命が短く光沢に艶があるのに対し、コーティング剤は寿命が長くガラス的な輝きになるといわれていました。しかし、実際には、ワックスとコーティング剤の成分や特徴を併せ持つ製品がほとんどです。寿命や光沢に関しても、個々の製品ごとに違いがあるものだと考えるといいでしょう。

 

 

【ワックス】
【コーティング剤】
ヤシから採れる天然カルナバ蝋が主成分です。この含有量が多いほど高級品となり、価格も高くなります。この天然素材に代わって石油ベースの蝋を使った製品もあります。撥水性に優れ、、光沢を塗装面に作り出すのが魅力のひとつ。しかし、撥水性とは裏腹にその主成分が油脂であるゆえ、ホコリに対する吸着作用が働き、コーティング剤と比べて、汚れを付着させやすくなっています。
 
ワックスに比べ、汚れを寄せ付けず、撥水効果も備えているのがコーティング剤。汚染物質や水、油などの外的要因に対して強い耐性を持つのが特徴。保護膜を形成し、この膜が犠牲膜となって塗装面を守ります。耐久性に優れています。。ワックスと同様、塗装面に塗るもので、強じんな被膜と熱と汚染物質に強いフッ素系、優れた撥水効果と汚れに強いシリコン系、透明感ある光沢が特徴のチタン系などがあります。また、コーティング剤といってもその種類は様々。一般ユーザーが自分で塗布できる市販ケミカル(カー用品店などで購入できる)、あるいはプロの施工業者が扱う「塗布コーティング」などがあります。


洗車の手順


 

ワックスのかけ方の基本
クルマを美しく輝かせ、塗装面を保護するワックス。使い方を間違えるとかえって磨きキズを付けてしまいます。上手にワックスをかけて、いつまでも美しさを保ちましょう。まずは、ワックスをかけるのは、日が落ちて風がない洗車(ふき取り作業を忘れずに)が終わってから作業を始めます。まずワックスがけに使うスポンジを、水のなかで揉んで軽く絞ります。スポンジには適度な水分があった方がワックスがしみこみすぎずに作業しやすいです。また霧吹きに水を入れて用意しておきましょう。ワックスは乾く前にふき取るのが基本です。乾いてしまった場合に霧吹きで湿らせてふき取りましょう。スポンジにワックスを薄くつけます。付けすぎるとムラができ仕上がりが良くないです。固形ワックスの場合スポンジを軽く一撫でして薄っすら色づく位でokです。付けすぎるとガラスについた場合油膜になって厄介です。ほとんど塗れているのかどうなのかわからないくらいの感じで、縦か横に直線一方向で、ボディー板金部分を塗っていきます。塗りたら拭いて、塗りたら拭いてを繰り返して仕上げましょう。拭き方も縦か横の一方向で行ってください。ワックスは半月くらいで、定期的に作業をすると重ね塗りされて効果的です。


 

ワックスの分類
■固形ワックス
■半ネリワックス
■洗車不要ワックス
固形タイプは天然ロウを始めツヤが出る成分を一番使用しています。その他、塗装を保護する耐久性にも優れています。欠点としては、他のタイプに比べると値段も高価です。汚れ落としの効果は無いので、車が汚れていればクリーナーなどで処理をしてからをしなくてはいけないという手間があります。しかし、光沢・耐久性共に最高クラスであることはいうまでもありません。
半ネリタイプは、ワックス掛けと汚れ落としの両方が一緒に出来るタイプになっています。ある程度汚れが付いていても、汚れを落としながらワックス掛けが出来ます。以前は固形ワックスよりも耐久性などかなり下回っていたが、最近ではフッ素を配合し耐久性が上がってきたタイプも出てきています。
洗車をしないでワックスがけができ、キズを防止する工夫(例えばキズ防止成分を配合)がされています。団地の駐車場のように水が使えない場所で洗車をするのに便利です。簡単なホコリ程度の汚れであればキズはつきませんが、ひどい汚れの時に使用するとキズ付きの原因になることがあるので注意が必要です。
特徴: 仕上がりが最も良いツヤに関してはこだわりのある人に最適水アカ落とし性に劣るので、水アカクリーナーとの併用が理想的クリーナー成分(研摩剤)が配合されていない場合が多い 特徴: 性能のバランスが良いオールインワンタイプ(ワックス、クリーナー)クリーナー成分(研磨剤)を含む場合が多い
特徴: 簡便性訴求タイプワックスとしての効果は若干劣る短時間で作業が完了する


 

コート剤のかけ方の基本
日が落ちて風がない洗車(ふき取り作業を忘れずに)が終わってから作業を始めます。よくふいて水分をキッチリ取ることがポイントです。コーティング剤は液状なので伸びがいいのが特徴です。コーティング剤はメーカーや種類によって使用方法が異なりますので、しっかり取説を呼んでから作業しましょう。中には水禁止・指定温度・ふき取り方などよく読んでおこう。コーティング剤は専用のスポンジに取り薄く延ばしていく、ワックスと違いしっかり乾かしてから、ふき取っていくので、全体的に塗ってしまおう。全体が塗り終わってから10分位おいてよく乾燥させよう、乾燥すると白い沈着物が浮き出てくるので、タオルなどで、取りこぼしがないように拭きましょう。コーティングした後は大概三ヶ月位水洗いだけで平気という商品が多いです。一回でも十分なのですが、重ね塗りを行うとさらに効果の向上が期待できます。コーティング剤がボディーに定着するまで1日かかるので、重ね塗りを行う際は、中一日以上空けて作業するようにしましょう。

 



マツダ アテンザ
トヨタ パッソ
トヨタ ポルテ
全国ドライブ情報
車磨きのコツ
自動車情報
日本車
外車
商用車
メンテナンス
車の構造
日常点検
洗車の基本
ドライブ情報
北海道東北
関東
信越北陸
東海近畿
中国四国
九州沖縄
車に関する法律
自動車の税金(国税)
自動車の税金(地方税)
法律関連サイト
生産終了モデル
車検1年以上
低公害車
ワンオーナーカー
  所有車の価値チェック!
/80社≪無料≫ 査定/
  車種の最新価格お知らせ
/新車見積もり/
  一括見積最適な保険調査
/自動車保険一括見積り/
  海外旅行に役立つ情報
/成田空港駐車場/
   
Car-Market / 運営会社 / 利用規約
   
Copyright 2004 car-market.jp. All Rights Reserved. 
 
お問い合わせ:メール