カーバッテリーの交換換算
 日常点検  

<<バッテリーのメンテナンス>>



取り扱い注意
バッテリー液は硫酸です。傾けたり横倒しにすると液がこぼれ「硫酸による失明ややけど」の恐れがあります。 バッテリー内の溶液が体に付いたときはすぐに洗い流してください。又衣類や車のシートなどに溶液が付いてしまうと色落ち、させたりナイロン素材は溶かしたりしますので、注意してください。
取り付け端子の上面およびボルトの周辺にはグリース、ワセリンなどを薄く塗布しておくと腐食防止になります。バッテリーの保護カバーが付いている場合は元どおりに取り付けてください。

 

取り扱いの諸注意事項
バッテリーからは水素ガスの発生があり取り扱いを間違えると引火爆発の原因となります。
バッテリー液により失明や、やけどの原因となります。
金属工具などでプラス端子と−端子を接触(ショート)させない引火爆発や火災の原因となります。
バッテリー液(硫酸)に注意体に付着すると失明や、やけどの原因となります。衣服や器物につくと損傷する恐れがあります。




バッテリーの交換手順
(+)端子の位置を覚えておく
取り外し前には、ライトなどの負荷を切ってからエンジンキーを抜いておくこと。古いバッテリーを車体から取り外す場合は、次に新しいバッテリーを取り付ける際に(+)極と(−)極を逆に接続することのないように、(+)端子の位置について覚えておきましょう。バッテリーの極性表示は、端子の周囲に表示されています。なお、テーパ端子の(+)極は(−)極に比べて太いので、端子の外観によって判別できます。バッテリーが2個搭載されている場合は、同一サイズ、同一履歴のものを同時に交換してください。
車体にアースされている(−)端子側のケーブルから外す
バッテリーからケーブル端子を外す場合はケーブル端子のナットを緩め取り外します。次に車両側の(+)ケーブル端子にかぶさっている端子カバーを外して、端子のナットを緩めて取り外します。
なお、この場合にはショートさせないように(−)端子側のケーブルから外します。
固定金具の取り外し

固定金具のねじを緩めるときは、金具などで端子とショートさせないように緩め、取り付け金具を取り外します。

取り付け金具で平均的に締め付ける。
あまり強く締め付けると、電槽をゆがめ、破損の原因になる。締め付けが緩い場合には、走行中の振動によってバッテリーの破損または極板の活物質の脱落を促進し、寿命を短くする原因になります。
ケーブル端子の取り付けは(+)端子から
車両側の(+)ケーブル端子をバッテリーの(+)端子に取り付け緩みがないようナットを絞め付ける。(+)ケーブル端子に端子カバーを元どおりにかぶせる。次に(−)ケーブル端子を(−)端子に取り付けます。
ケーブルの極性が逆にならないように。
極性を逆に接続すると、電子部品を破損し、バッテリーがダイオードで短絡され、オルタネータおよびワイヤーハーネスに大電流が流れ焼損事故を起こすことになります。
端子の締め付けは確実
取り付け端子の上面およびボルトの周辺にはグリース、ワセリンなどを薄く塗布しておくと腐食防止になります。バッテリーの保護カバーが付いている場合は元どおりに取り付けてください。





ブースターケーブルでの充電
救援車、故障車ともにエンジンキーはOFF(切)の位置にしてください。
ブースターケーブルを図の1→2→3→4の順序で接続します。
接続後、救援車のエンジンを始動させ、エンジン回転を1500〜2000回転くらいにし故障車のエンジンを始動します。

この状態で約5分くらい充電して、充電完了です。ブースターケーブルの取り外しは接続のときと逆の順序(4→3→2→1)にします。

 



日常点検 洗車の基本
エンジンオイルの種類 洗車方法の基本
エンジンオイルの交換 磨きと困った汚れ
AT フルード ワックスとコーティング
カーバッテリーの種類  
カーバッテリーの交換    
タイヤ    
       
車の構造    
エンジンの基礎知識    
燃費について    
車の形状    
エンジンの働き    
 
マツダ アテンザ
トヨタ パッソ
トヨタ ポルテ
全国ドライブ情報
車磨きのコツ
自動車情報
日本車
外車
商用車
メンテナンス
車の構造
日常点検
洗車の基本
ドライブ情報
北海道東北
関東
信越北陸
東海近畿
中国四国
九州沖縄
車に関する法律
自動車の税金(国税)
自動車の税金(地方税)
法律関連サイト
生産終了モデル
車検1年以上
低公害車
ワンオーナーカー
  所有車の価値チェック!
/80社≪無料≫ 査定/
  車種の最新価格お知らせ
/新車見積もり/
  一括見積最適な保険調査
/自動車保険一括見積り/
  海外旅行に役立つ情報
/成田空港駐車場/
   
Car-Market / 運営会社 / 利用規約
   
Copyright 2004 car-market.jp. All Rights Reserved. 
 
お問い合わせ:メール