タイヤの基礎知識
 日常点検  

<<タイヤの基礎知識>>

チューブレスタイヤ
現在乗用車に標準で取り付けられているタイヤはスチールラジアル(チューブレスタイヤ)とよばて、チューブを必要としないものがほとんどです。チューブを使用しないかわりに、タイヤの内側に空気浸透性の少ない特殊ゴム(インナーライナー)を貼りつけ、更にビード部にも空気漏洩防止の材料を使用して空気が漏れないようにしたタイプのタイヤをいいます。このタイヤは走行中に釘等が刺さっても空気が急激に抜けないという特徴がありますが、パンクしないタイヤではありませんので、日常のタイヤ点検は十分行いましょう。



<<日常点検>>

タイヤは他の自動車部品と異なり、自動車の足として特別な役割を持っています。様々な種類のタイヤも、すべてこれらの基本性能のバランスを確保した上で、自動車の高性能化や社会環境、使用条件に応じた性能特性を与えられて開発されています。また、こうしたタイヤの機能は、正しい使用方法のもとでしか発揮されないことを十分にご理解ください。



空気圧

タイヤは装着するクルマごとに適正の空気圧が設定されています。この空気圧が適正値でないとタイヤ本来の性能を発揮できず、またタイヤ自体を痛め思わぬ事故を起こすことになります。空気圧が低い場合は、タイヤの両肩に負担がかかりその部分の摩耗が激しくなります。反対に空気圧が高すぎると、センター部ばかりが減り、路面に落ちている鋭利なものでキズを受けやすくなります。また乗り心地もはねるような感じになります。適正数値であることがタイヤの空気圧の観点から見ると一番重要になります。適正空気圧は運転席側のドアに表示があるのでその数値を参考にしましょう。いずれも空気圧の点検はタイヤが冷えているうちに行いましょう。


溝は路面をとらえる部分であるし、雨をはじき出す重要な役割を果たします。溝がなくなれば当然グリップ力は低下します。 タイヤには数カ所にスリップサインが付いているので1カ所でも基準を下回っているタイヤは交換しましょう。タイヤをよく見ると数カ所溝の間に突起があるので、この突起とトレッド面が平らになっていたら即交換しましょう。

外観
大きなキズや小石などを踏みつけた跡はパンクの原因にもなるので乗る前には必ず確認しておきましょう。



<<タイヤの種類>>

タイヤは、その車種の走り方のコンセプトによって使い分けています。愛車にあった種類のタイヤを選ぶことで、自分の思い通りの走りを実現させてくれます。

セダン車向きタイヤ
乗り心地を重視したタイプのタイヤです。最近の高性能化にあわせて運動性能もなかなかです。


 



日常点検 洗車の基本
エンジンオイルの種類 洗車方法の基本
エンジンオイルの交換 磨きと困った汚れ
AT フルード ワックスとコーティング
カーバッテリーの種類  
カーバッテリーの交換    
タイヤ    
       
車の構造    
エンジンの基礎知識    
燃費について    
車の形状    
エンジンの働き    
 
マツダ アテンザ
トヨタ パッソ
トヨタ ポルテ
全国ドライブ情報
車磨きのコツ
自動車情報
日本車
外車
商用車
メンテナンス
車の構造
日常点検
洗車の基本
ドライブ情報
北海道東北
関東
信越北陸
東海近畿
中国四国
九州沖縄
車に関する法律
自動車の税金(国税)
自動車の税金(地方税)
法律関連サイト
生産終了モデル
車検1年以上
低公害車
ワンオーナーカー
  所有車の価値チェック!
/80社≪無料≫ 査定/
  車種の最新価格お知らせ
/新車見積もり/
  一括見積最適な保険調査
/自動車保険一括見積り/
  海外旅行に役立つ情報
/成田空港駐車場/
   
Car-Market / 運営会社 / 利用規約
   
Copyright 2004 car-market.jp. All Rights Reserved. 
 
お問い合わせ:メール